静岡県中小企業経営者同友会

 
   
 活動内容
 中間運営方針
 今までの活動内容
 定期例会
 今期定例会予定
 始道塾活動内容
 MRC大学
 業種別検索
   
 MRC入会申込み

 

2018年MRC年頭の挨拶

新年あけましておめでとうございます。

あらためまして 『お元気様でです。』会員の皆様『愛しています。』

MRCも2018204回新年例会で18年目を迎えることが出来ました。これも会員様お一人お一人がMRC基本理念を素直に学ぼうとするお気持ちがあったからこそだと思います。昨年は911日の定例会に、鹿児島県の島津公保様をお迎え200回記念の御講演をして頂きました。演題は「歴史に学び、歴史を活かす世界遺産登録への道」のお話をして頂きました。今期17期のテーマは「大家族主義で経営をする。」を基本理念に学んできました。会員さんの中には嬉し結果報告もあり感動の年でも在りました。又新しく組織変更をして運営委員会のメンバーの人達に大活躍をして頂き組織活性化になった年でも在りました。

今年4月から始まる18期、平成30年度活動計画案も会員皆様の期待に副えるよう着々と準備が進んでいます。今年度第17期はあと3か月皆様今期のテーマは社員さんと共有し成果と結果はどの様でしたか?もう一度社内で共有し目標を達成しましょう。4月から新年度第18期テーマを「人生一新、志高経営を目指す」にしました。平成30年度12回の定例会の会長挨拶も18期のテーマを基軸にスピーチしていきたいと考えております。今年も世界情勢や日本政治経済を見てみると小企業にとっては余り期待できないようですから会員様の経営努力が今まで以上に必要になるでしょう。アベノマジックの経済成長戦略内容でジャーナリストやマスコミ、大企業の連合体による仕掛けで持ちこたえている状態であるが何時壊れるかが心配です。また地方経済も税収が少なく固定費にお金がかかり現状維持とイベントでごまかし政治で、暫くの間は経済政策にはあまり期待しない方が良いと思います。その要因の一つに行政マンと政治家は税収から歳費として報酬を頂き、政治家はそれとは別に政策活動費を頂いてるのです。この様な安定生活者が昨今の混迷する経済環境の修羅場を乗り越えられるはずがありません。私達民間企業の経営管理は「売上最大経費最少」を基軸にお客様に感謝され付加価値で大家族を養っていかなければなりません。昨年同様今年も修羅場の年でもありチャンスの年でも在ると思います。学びの量の多い人は修羅場に遭遇した時、見えてないものが見えてきます。この様な環境下の中、今年のテーマである人生一新とは「何事も変えるもしくは変わる、自力も他力もある。スピードも違う」。つまり環境に適合出来る企業経営を今年は強く求められるのではないかと思います。

経営環境を改善改革して豊かな経営環境を基盤に豊かな会社を目指しましょう。

※私の人生訓:心の持ち方と出会いは人生を変える


2018年1月吉日
MRC会長 戸田直員

 

Facebookページ

| HOME | 基本概念 | 活動内容 | 入会申込 | サイトマップ | 問い合わせ |

 
静岡県中小企業経営者同友会